【日本酒情報】楯野川 純米大吟醸 中取り 楯の川酒造

「kyo3のうろうろ日記」Part.81

ボク
ボク
hi,everyone!

毎日、やりたいことがいっぱいでね。1日が36時間くらいあるといいのにねぇと思います♪

ということで、本日の話題はこちら↓ 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

全量純米大吟醸 日本酒「楯野川」

夏のピークを過ぎ、少しばかり秋の涼しさが感じられるようになってきました。

夏の暑い間は、ビールやハイボールがスカッとした喉ごしに美味しいですが、やはり味わいの深さは日本酒です。

今回は、山形県の楯野川の純米大吟醸を紹介します。

しかも、ラベルには「中取り」の文字が…。

 

中取りとは何だろう?

日本酒製造の工程で伝統的な「槽搾りふなしぼり)」では、発酵させたもろみを酒袋に入れ、圧力をかけて搾り出していきます。

このとき、圧力をかける前に酒袋から出てくるお酒を「あらばしり」、圧力をかけて出てきたお酒を「中取り」、そこからさらに搾り出したお酒を「責め」と呼ぶそうです。

つまり、「中取り」は、もろみを搾る工程のなかで2番目に出てくるお酒のことで、日本酒の「中取り」は、「あらばしり」や「責め」とくらべて透明感があり、落ち着いたまろやかな味わいが特徴です。

日本酒のなかでも、もっとも品質のよい部分とされており、品評会などには、この中取りの日本酒を出品することが多いようです。

 

蔵元情報

天保3年(1832年)に、上杉藩の家臣が庄内を訪れた際、庄内平野の広さと水質の良さに感嘆し、5代目平四郎に酒造業を営むのが最良と薦めたのが楯の川酒造の始まりです。

そして、安政元年(1854年)に酒造業を開始。

翌年、安政2年(1855年)荘内藩藩主酒井公が当家に訪れた際酒を献上したところ、大いに喜ばれ酒銘を「楯野川」とするよう命名したそうです。

【最近の受賞歴】

平成29年
IWC(International Wine Challenge)2017 純米吟醸酒・純米大吟醸酒の部 SILVER(銀メダル)
平成29年
SAKE COMPETITION 2017 純米大吟醸部門 SILVER
平成29年
Kura Master 2017 純米大吟醸酒の部 金賞
平成29年
ANA WonderFLY 第2回CREATIVE AWARD FINALIST及びPRIZE WINNER
平成30年
IWC(International Wine Challenge)2018 純米吟醸酒・純米大吟醸酒の部 SILVER(銀メダル)
平成30年
SAKE COMPETITION 2018 純米大吟醸部門 SILVER
平成30年
Kura Master 2018 純米大吟醸酒の部 金賞
平成30年
2018年度全米日本酒歓評会 大吟醸B部門 準グランプリ。大吟醸A部門 金賞

 

楯野川  純米大吟醸 中取り データ

外観

各種データ

醸造元 楯の川酒造(山形県酒田市)
使用酵母 山形KA単体
使用米 庄内産美山錦(契約栽培米)
アルコール度数 15~16度
仕込み水
杜氏
製造年月日 2019/6
容量 720ml
価格 1,674円
その他 精米歩合50%

日本酒度:+2

酸度:1.6

アミノ酸度:0.9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ラベルより

日本酒「楯野川」は、より良い酒質を目指すために、香気成分を多く残すような製造方法を導入しております。

香気成分とともに発酵由来の炭酸ガスがお酒の中に残存し、温度変化や振動によって瓶の内圧が上昇することで、中栓が飛ぶ場合があります。

 

実呑コーナー

合わせた料理

メーカーのアピール

「中取り」とは、醪を搾って出てくるお酒の中でも、もっとも香味のバランスが優れた部分です。

自社酒米研究会で栽培した酒造好適米「美山錦」の特長を最大限に引き出し、柑橘類のようなシャープで広がりのある酸味を追求しました。

控えめな香りと酒米本来の膨よかで素朴な味わいを、特徴的な酸味が綺麗にまとめあげる食中酒向きの酒質です。

飲み頃温度は15℃前後、または、45℃前後のお燗もおすすめです。

 

思いを馳せると

中取りという言葉がわからなかったので、すぐにネットで調べました。

すると、日本酒の製造工程を少し詳しく知るところとなり、ぜひ味わいたくなって購入しました。

「中取り」の前後の工程、「あらばしり」や「責め」もそれぞれに味わいがあるのでしょう。

機会があれば、ぜひ飲んでみようと思います。

 

楯の川酒造のお酒が2019年G20の乾杯酒に

G20保健大臣会合における健康経営イベントのレセプションパーティにて、SAKE100が販売する日本酒『百光-byakko-(びゃっこう)』が乾杯酒として選ばれました。

『百光』は楯の川酒造が特別醸造した日本酒で、SAKE100ブランドの第1弾としてリリースされました。

通常の「楯野川」ブランドとは異なり、「SAKE100」のECサイトのみでしか購入できないようです。

精米歩合18%、値段も720mlで16,800円。

超高級酒ですね。

 

こちらもおすすめ↓

楯野川 純米大吟醸 七星旗(しちせいき)720ml 桐箱入り日本酒 山形 地酒 ハロウィン 秋ギフト プレゼント 2019

価格:10,800円
(2019/9/23 12:27時点)
感想(2件)


お酒・ドリンクランキング

 

ボク
ボク
see you! またね~♪



コメントを残す