【たまには梅酒】彩月百花 梅の酒 下関酒造(山口県)

「kyo3のうろうろ日記」Part.38

あつこん
あつこん
hi,everyone!

毎日、やりたいことがいっぱいでね。1日が36時間くらいあるといいのにねぇと思います♪

ということで、本日の話題はこちら↓ 

 

【たまには梅酒】彩月百花 梅の酒  下関酒造(山口県)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

年末からお正月にかけて、よくお酒を飲みました。

1月中も買い込んだお酒を少しずつ飲んで、現在はお酒のストック0になりました。

 

あとは、門司・下関を旅したときに買った梅酒が残っています。

たまには、梅酒でも飲んでみますか。

 

蔵蔵元情報「下関酒造」

「酒蔵 下関酒造」は大正12年、総勢445名の農家さんたちが結集し、数々の歴史の舞台となったここ 海峡の街 下関の地に設立されました。

およそ100年間、下関の街を見守ってきたレンガ造りのランドマーク。

街の中に建つヒストリカルな煙突が、この蔵の目印となっています。

 

商品紹介

「彩月百花 梅の酒 日本酒仕込み 500ml」

ラベルより 原材料名:清酒、梅、氷砂糖  アルコール分:11%
製 造 下関酒造株式会社
色・香り 山吹色、フレッシュな香り
飲み口 甘い
価 格 1,328円
その他 造り酒屋がつくった日本酒で漬けた「梅の酒」下関市豊田町の梅を使用

 

メーカーのアピール

爽やかな青梅のフレッシュな香りが口にふくんだ瞬間にひろがります。

日本酒でつけた梅酒ならではの、まろやかで深みのある味わいです。

梅は、地元豊田町の梅農家さんより直接わけていただいた、もぎたての梅を使用しました。

手作業でひとつひとつ丁寧に漬け込み、梅の甘みと旨みを最大限に引き出しています。

酒はやさしい口当たりの原酒を使い、日本酒を仕込む酒樽でじっくり漬け込みました。

日本酒の美味しさと甘酸っぱい梅の味わいが見事に調和しています。

 

最初は『酒蔵コンサート』にてお客様に飲んでいただくために造りましたが、『ぜひ販売してほしい!』というお声を多数いただき数量限定にて販売することになりました。

お召し上がりは冷して、または氷を入れてロックでもどうぞ!

冬はホット梅酒もオススメです!

アップルティーのような味わいが楽しめます。

1・2ヶ月とおきますと、さらに深い味わいがお楽しみいただけます。

 

購入エピソード

門司・下関を旅したときに見つけた感じの良い造り酒屋さん。

kyo3のうろうろ日記 2018冬の門司・下関編

ここで、お正月用のお酒福袋1万円分を購入しました。

その中に入っていた一本です。

中のお酒は、良いお酒ばかりでお買い得でした。

その最後の1本がこの限定梅酒です。

相変わらず、限定という言葉に弱いわね。
あつこん
あつこん

たまには梅酒も美味しいですよ。

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

ボク
ボク
see you! またね~♪



コメントを残す